セカンドオピニオンに関すること

がんの治療法は1つではありません。
いくつものバリエーションがあります。
なので、1つの病院で受けた治療方針が、自分にとって最適かを見直すことも大切です。
最近は、別の医療機関の医師に意見を聞く、セカンドオピニオンの重要性が高まってきました。
セカンドオピニオンは、自分に合った治療法を探るうえでかなり有効と言えるでしょう。
セカンドオピニオンも昔に比べればかなり浸透しました。
しかし、まだまだ誤解している人もいます。
セカンドオピニオンは第二の意見を求めることです。
主治医を変えることや転院すると言う意味ではありません。
もちろん、場合によっては転院することを決めることもあるでしょう。
しかし、絶対ではないのです。
複数の意見を聞くことで、自身の病状と治療方針への理解を深めるのが目的になります。
また、セカンドオピニオンの結果は、担当医に持ち帰らないといけません。
なので、担当医との関係は保っておくようにすべきです。